2006年11月28日

大河内奈々子と宅間孝行が結婚

人気昼ドラ「牡丹と薔薇」のぼたん役で人気を博した女優大河内奈々子が27日、劇団「東京セレソンDX」を主宰する俳優宅間孝行と結婚した。
この日は仏滅だったが、2人にとって11月27日は特別な記念日。2人は連名のファクスを報道各社に送り「2人が付き合い出してちょうど1年の節目の日で、記憶をさかのぼってみると3年前に出会った日でもあり、2人にとって記念すべき日ということで、『仏滅だけど関係ねえや』って感じでこの日の入籍を決めました」と結婚を報告した。

所属事務所などによると大河内奈々子は3年前、俳優仲間の紹介で同劇団を知り公演に出掛けたという。以来、同劇団の大ファンに。最初は楽屋であいさつを交わす程度だったが、昨年10月には大河内奈々子の舞台を宅間孝行が訪れた。これをきっかけに連絡を取るようになり、交際がスタートしたという。

演劇関係者によると、同劇団は動員数が右肩上がりの人気集団。宅間孝行は主宰者、座付作家、演出家、役者を兼ねる一方、サタケミキオの名で脚本も手掛ける。役者としても人気ドラマ「タイガー&ドラゴン」や来年の正月ドラマ「白虎隊」に出演するなど注目株だ。大河内奈々子も、この宅間孝行の多彩ぶりにほれたようだ。

大河内奈々子は妊娠はしておらず、今後も仕事を続ける。挙式、披露宴の予定もなく会見もない。2人は「明るく楽しい家庭を築きながら、夫婦ともども仕事にまい進する所存です」とコメントしている。現在は、お互いの家を行き来しており、都内に新居を探しているという。


posted by 興味津々 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女優
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28498032
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。